公開履歴
横になっている犬と猫

一人暮らしをしている人ならば、ペットを飼おうかなと一度は考えたことがあるのではないでしょうか。
一人で暮らしていると、ふとしたときに寂しいと感じることがあります。そんなとき、かわいいペットがそばにいたら、家に自分以外の存在がいることになるので、不思議なほどに寂しさは感じにくくなるはずです。日々忙しくお世話をしていれば、きっと寂しくなくなります。さらに、ペットの愛らしい行動のひとつひとつは、仕事や家事などで疲れた心を癒してくれることでしょう。

日本で古くからペットとして多く飼われている動物といえば、犬と猫です。中でもトイ・プードルという犬種は飼いやすいとされています。毛が抜けにくく、小柄な体格でお世話がしやすいのが人気の理由です。また、犬や猫に比べるとやや少数派ではありますが、うさぎもペットとして一定の人気があります。そしてさらにお世話が手軽と言われているのが、ハムスターです。ハムスターはとても小さな動物なので、ケージの中で飼えて手軽にお世話ができます。小さな子どもが一人で育てているという家庭も少なくありません。小さな子どものいる家庭でペットとして飼われるきっかけの一つとして、ハムスターをモデルにしたキャラクターが子どもから人気だということも挙げられます。

このようにペットとして飼える動物の種類はたくさんありますが、2人暮らし以上の家庭で育てている場合が多いです。日中であっても常に誰かが家にいて面倒を見られることや、家族でお金を出し合えることなどが、家族で動物を飼うときのメリットだと言えます。時間や金銭面に余裕があるならば、ペットを飼うハードルは低くなります。

一方、一人暮らしでペットを世話するのはなかなか難しいものです。日中は仕事に出る人が多いでしょうし、お世話にかけられるお金と時間が限られています。そうなると、手のかかる動物はまず飼えません。また、一人暮らしであれば住んでいる部屋の広さも基本的に一人分なので、家の中で放し飼いにするにはスペース不足という問題も発生しかねません。従って、あまり大きな動物は飼いにくいということになります。そこでおすすめなのが、飼いやすいとされているトイ・プードル、うさぎ、ハムスターです。

ペットを育てる場合においては、大きくても小さくても、どんな動物でも、ひとつの大事な命です。そのことを踏まえたうえで、一人暮らしで動物を飼う際には、きちんと責任を持って最後までお世話をするようにしましょう。